道後REBORN公式サイト

「火の鳥“道後温泉編”」第2話
「子規と漱石」みどころ解説

大国主と少彦名が再登場!!

プロローグ「大国主と少彦名」で登場する大国主と少彦名が、第2話の冒頭、伊佐庭如矢町長の夢の中に登場します。ふたりの神様があわただしく働いています。その場面は明治27年の道後温泉の明治の改築よりもっと昔のようです。日本神話では、国造りのため日本全国を旅したとされる大国主と少彦名ですが、大国主は道後温泉本館の前身らしき建物の建築を指揮していますが、少彦名は人々に薬を配ったりしています。実は少彦名は医学の神様といわれ、温泉の効能にも精通していたのでしょう。

大国主と少彦名が再登場!!

なぜ?一人二役の声優陣

そんな大国主と、第2話で登場の伊佐庭如矢町長の声の出演を務めたのが、俳優のつるの剛士さん。坂本又八郎は人気声優の三森すずこさん。なぜか、一人二役の配役となっています。声優の三森すずこさん、アフレコで、相手役の俳優・つるの剛士さんの演技を絶賛したそうです。ところでよく見ると、大国主と伊佐庭町長の出で立ちにはある共通点が。このあたりに、「道後REBORN」のプロジェクト名に込めた秘密が隠されています。アニメの映像で是非、ご確認ください。

なぜ?一人二役の声優陣

正岡子規と夏目漱石の熱い友情を見守る、永遠の生命の象徴「火の鳥」

明治28年10月に道後のまちを散策した、日本近代文学の礎を築いた正岡子規と夏目漱石。夏目漱石が松山中学校に英語教師として赴任してきたことを知り、日清戦争に記者として従軍し帰国の途で結核により喀血、神戸の須磨で療養していた正岡子規が故郷松山に帰ってきます。二人は松山の下宿を愚陀仏庵と名付け、52日間の共同生活を送ったと言われています。その期間中、日本文学のこれからについて、どんな話をしたのでしょう。このアニメでは、そんな二人を演じるのが、人気男性声優、福山潤。そしてその盟友、立花慎之介。二人のやり取り、子規が火の鳥に出会って、たっての願いを叶える場面は、本作のみどころです。子規の願いとは?火の鳥のメッセージとは?

正岡子規と夏目漱石の熱い友情を見守る、永遠の生命の象徴「火の鳥」

道後温泉本館保存修理寄附(クラウドファンディング)でエキストラ出演

「火の鳥“道後温泉編”」第2話「子規と漱石」では、重要文化財の公衆浴場として、全国で初めて営業しながらの保存修理工事を行っている道後温泉本館のクラウンドファンディングの返礼品として、エキストラ出演権が設定されました。結果、2名の応募があり、寄附者の様々な角度からの写真をもとに、手塚プロダクションがキャラクター化。それぞれ、印象的な場面でご出演いただいています。

道後温泉本館保存修理寄附(クラウドファンディング)でエキストラ出演

「いい、加減。まつやま」応援団長 友近さんがマドンナ&ナレーション

2019年7月19日に道後温泉本館東側の振鷺亭にて行った「道後温泉本館ラッピングアート」の制作発表にも登壇の、 「いい、加減。まつやま」応援団長でもある友近さん。本作では、全編通してナレーションを担当。さらに、夏目漱石の小説「坊っちゃん」からスピンオフした「マドンナ」が劇中に登場。どうやら「マドンナ」は第2話に続く作品でも、展開の鍵となる人物になるようです。乞うご期待。

「いい、加減。まつやま」応援団長 友近さんがマドンナ&ナレーション

プロジェクションマッピングと、アニメーションの融合

2020年2月1日に公開の「火の鳥“道後温泉編”」第2話「子規と漱石」。道後REBORN公式サイト他で無料で視聴できるコンテンツです。また、道後温泉本館の北面では、2月21日から、道後温泉本館プロジェクションマッピング「道後温泉×ネイキッド MESSAGE –子規と漱石-」-がスタートします。手作りのアニメーションが魅力の本作と、最新のデジタルアートコンテンツが融合し、道後温泉本館が新たな物語で彩られます。是非、その目でお確かめください。

プロジェクションマッピングと、アニメーションの融合

道後温泉本館は保存修理工事中ですが、
入浴ができ、
源泉かけ流しの道後温泉を楽しめます

三千年の歴史を誇る名湯“道後温泉”
石造りの浴室に砥部焼の陶板画が飾られ、
大きな円柱形の「湯釜」と呼ばれる湯口が鎮座する浴槽は、
道後温泉本館の独特な雰囲気を作り出しています。

PageTop